MENU

男性の体臭について

男の人の中には体臭がきつくて困っているという人もいるようです。特に太っている人は汗をかきやすいということもあるのか、体臭が気になり外に出られなくなってしまったというようなこともあるようです。

体臭というのは遺伝子が関係している場合もある様で、親が体臭がきつい場合、子供も体臭がきつくなってしまうことがあると言われています。

男性の場合は遺伝子だけではなく男性ホルモンも関係している場合があると言われていますし、年齢を重ねるごとに加齢臭と呼ばれるものが関係してくる場合もある様です。

少しでも体臭を改善したいと思う場合には常に清潔に保つことも必要ですが、他にも自分の体のにおいに敏感になる事が大事です。自分の体のにおいがわからず、人に迷惑をかけてしあっている場合もあるようです。私の旦那は自分で自分のことを臭くないと思っているようなのですが、汗をかいた後に車に乗ってしばらく涼んでいると体臭がきつくなってきているのがわかるのです。

汗をかいた服をそのままきているとその汗が乾いてしまい少し臭くなってしまうのです。私がそのことを伝えてから汗をかいたら服を着替えるように心がけているようですが、仕事場でも汗をかくので不安になる事もある様です。

しかし、どのようなにおいになれば他の人に臭いと思われてしまうのか、自分でわかるようになれば改善をすることもできるのです。

自分のにおいに気付かない人も多くいるようですが、自分のにおいを嗅ぎ分けて体臭を改善していくようにしましょう。

男の人の体臭予防方法

つい最近経験したことなのですが、会社に点検に来てくれた人が入った後の部屋がすごいにおいだったので気分が悪くなってしまったことがありました。

男性の方が入ったのですが体臭がすごくて部屋ににおいがこもってしまっていたのです。

体臭がきつい人は世の中にたくさんいると思うのですが、中には自分の体臭が臭いと思っていない人もいるようです。男の人の場合は女性のように香水をつけて仕事にいくことはあまりないと思いますし、マナーとしてにおいがあまりにもきついのはよくないといわれています。では、どのような方法で体臭を予防したらよいのでしょうか?

私が働いている先の上司は常に服を着替えるようにしていました。働き出した時はなんでそんなにも着替えるのかわからなかったのですが、飲み会の時に話を聞いてびっくりしました。周りで働いている女性の人が不快に思わないように、常に清潔な格好をしていると言われたのです。

無香料のデオドラントを使用して常に不快に思わせないようにしていることや、髪の毛をセットする時に使うものも無香料のものにして不快に思わせないようにしていたのだそうです。

上司としてだけではなく男性として、一人の人間としても尊敬することができました。体臭があるから頑張っているのではなく、常に何もにおいがないようにしていたようなのです。
男性よりも女性の人の方が体臭などのにおいに敏感ですが、男性の方の方がにおいがきつい時に困ってしまうことが多いのです。

男性の方は周りの人にわかられないようにするために、私の上司が行っているような無香料のものを使用して常に無臭でいることをオススメいたします。

男性が体臭改善のためにできること

男性の方は、会社の人との付き合いで外でご飯を食べたり、外でお酒を飲んで帰ってくることもあると思います。私の旦那様も月に3回ほどは付き合いで外食をして帰ってきます。

遅くなった日はたくさんアルコールを摂取していることもあるので、お風呂に入らないでそのまま着替えて寝てもらい、次の日の朝にお風呂に入ってもらうようにしています。なぜかというと、お風呂に入った後にお風呂に入ることにより急にしんどくなってしまうこともあるからなのです。

体調のことを考えてお風呂は次の日にしてもらうようにしています。実はこの流れの中で体臭が改善できないポイントが3つあるのです。一つはアルコールを摂取しているということ。

そして外食をしているという事。そしてお風呂に入らないという事。全てが体臭がきつくなってしまう原因なのです。アルコールをとりすぎてしまうことによりアルコールを分解してアセトアリデヒドという成分ができるのですが、それが全身に流れて汗になると体臭の原因になると言われているのです。

そして外でご飯を食べると言うことは自分の好きな物を食べることになりますので体臭を改善する為の食べ物を食べられていない可能性があります。

そして最後のお風呂ですが、汗をかいたまま何時間もたつと肌に体臭がしみ込んでしまいますのであまりよくないですよね。体臭改善をしたい場合、全て改善をする対象になります。

お酒は飲み過ぎない、常に野菜や果物を摂取することを心がける、お風呂に入り汗を流すこと。毎日規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

男性ホルモンと体臭について

男性には男性ホルモンが分泌されていて、女性には女性ホルモンが分泌されています。しかし、男性に女性ホルモンがないのかというと実はあるのです。そして反対に女性にも男性ホルモンが分泌されているのです。

実はこの男性ホルモンについてなのですが、男性ホルモンが過剰分泌されることにより体臭に関係していることがあると言われているのです。

男性の方の体臭で気になるところといえば、脇や足や頭皮などがあげられるのですが、男性の方の中で体臭がきつい場合、男性ホルモンが分解されることによってできるといわれているアンドロステノンという物質が関係しているといわれています。男性ホルモンの分泌を抑えるためには女性ホルモンを体に流してあげるとよいといわれています。

しかし、そうすることにより性欲が減退してしまったりすることもあるようですので、子作りをしようと思っている時などは控えることをオススメされます。アンドロステノンという物質がたくさんできてしまうことにより脇のにおいをきつくしてしまうことがあるといわれています。

このアンドロステノンが原因で体臭が出ている場合、女性の方に指摘されてしまうことがあるといわれています。というのも、このにおいは女性が苦手なにおいだからなのです。少しでもにおいを抑えたいのであれば、男性ホルモンを抑えるか、もしくは自分で体臭を改善するために必要な事を行うかのどちらかを選ばなければなりません。

男性ホルモンを抑えることによりAGAと呼ばれる病気を抑えることやニキビができにくいようにすることもできるようですので、他にも悩みがある場合は一度医師に相談してみるといいですね。

男性の加齢臭について

年齢を重ねるごとにだんだんと体は思うように動かなくなってしまうこともあります。運動が思うようにできなくなってしまったり、体力に自信がなくなってきてしまったりすることもあると思うのですが、年齢を重ねていくことによりもう一つ不安になる事があります。

それは加齢臭と呼ばれるにおいです。加齢臭とは年齢を重ねることによりでてくる体臭なのですが、男性の場合は特に気を付けなければ奥さんにまで嫌がられてしまうことがある様です。加齢臭の原因と言われているのはノネナールという物質になります。

このノネナールという物質は皮脂腺というころからでてくるのです。よく枕が臭くなって加齢臭がでてきたんではないかと気づく人がいると言われているのですが、耳の裏からでていることがあるといわれていますので枕のにおいが気になってきたのであればそれは加齢臭かもしれません。

男性の場合、加齢臭をしっかりと予防対策しておかなければ電車で周りの人に嫌がられてしまったり、前述にもあるように奥さんや子供たちにも嫌がられてしまうことがあると言われているのです。

加齢臭は早い人で30代から気になりだすようで、改善する方法としては常に肌を清潔にしておくことが大事と言われています。お風呂に何度も入るのは難しいと思いますので濡れたタオルで常に肌を吹いてあげることが良いと言われています。

これは加齢臭だけではなく汗をかいた後の体臭などにも効果があると言われていますので試してみてください。加齢臭が気になってきたら改善できるよう努力してみるといいですね。